アタマを磨き、ココロを拓く。

8期生の報告&感謝の言葉

3年以上手塩にかけた8期生の受験が終結しました。桜蔭中、雙葉中に挑んだ3人が全員合格し、豊島中、お茶の水女子大附属中、白百合中、東洋英和中にも全員が合格しました。皆さんのあたたかいご声援、心からのエールが本当に力になりました。
改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。
彼女たちの歩みは本当に誠実なものでした。(受験戦記もお楽しみにして下さい。)
新小6となる9期生はもちろん、10期生や11期生もまっすぐTOPでの学びに向き合い、後に続いてほしいと願っています。

塾長のつぶやき#245

#245

こんにちは。塾長の大井です。
今回は6期生受験戦佳境の30回です。

Tくんのお母さんからでした。
「先生、開成不合格でした。」
私も田宮も息が止まりました。
あれだけやったのに。あんなに誠実だったのに…。
「あの子は今日の筑附の入試が終わったら、先生とTOPで結果を見たいと言っています。いいでしょうか?」
私たちはそれを初めて見るように演じることはできそうにありませんでした。そして何より、Tくんが私たちと喜べなかったことで、より一層傷つくのを危惧しました。
「発表はご自宅で見て下さい。そして…落ち着いたら来て下さい。」
無念さと悔しさと申し訳なさで声が震えました。
田宮と2人、しばらく言葉を失っていました。こんな時に合格メダルがちぎれたことを思い出したせいだ…などと、悔やんでも詮無いことを頭の中で何度も考えました。

しばらくして結果を知ったTくんがやって来ました。これまで見たことのない憔悴した表情で、おそらく泣きじゃくったであろう跡もうかがえました。その顔を見て、また胸が痛みました。
「T、いい答案だったんだぞ。」
そう言って主砲の算数で例年より難易度が高い中稼げていたこと、ずっと不器用ながらがんばり続けた国語も戦えていたことを話しました。
その日の筑波大附属(2/4合格発表)は副教科もある分合否が読みづらく、本郷の合格は取っていましたが、明日の芝中は受けて来るとのことでした。
夜発表のSさんの豊島も敗れ、TOPにとって2月3日は失意の1日となりました。

でも私たちはこれで勝負を終わらせるつもりはありませんでした。何度もつけたTくんの再現答案を、もう一度田宮と洗い直し、考えうる最も厳しい採点でつけ直しました。
この年の開成国語は、正面から陽に気づくというものではなく、陰の中から真意を読み取らせるというものでした。素直で純朴なTくんにとっては決して相性がいいとはいえないものです。それでもずっと教えてきた人の心の機微や、生身の人間の心持ちの不思議さを一生懸命考えた、歴史を感じる答案でした。
「算数はやっぱりがんばってる!大井先生どう?待てる?」
「待てる!開成がこの答案を、この生徒を取らないとは思えない。」
「やっぱり?そうだよな!大井先生が取らせない訳がない!全部守ってきたTが取れない訳がない!!」
田宮は確信に満ちた声で言いました。私も田宮に対して同じ想いでした。
それだけのことを、私たちはやって来ました。
そうやってTOPはずっと勝ち残って来たのです。
一度も途切れることなく毎年。

その日も田宮とTOPの前でまた話し込み、明日こそいい日になるとまた固く握手を交わしました。
そして、スマホのスケジュールの2月4日にこう打ち込みました。
『2月4日。逆襲の一軍。』

(第31回につづく)

2022年6月15日
大井 雄之

【過去のつぶやき集】

<2022年>
#240:2022年2月5日(6期生受験戦記25回)
#241:2022年3月5日
#242:2022年4月5日
#243:2022年4月25日
#244:2022年5月25日


<2021年>
#228:2021年3月5日
#229:2021年3月15日
#230:2021年4月5日
#231:2021年4月25日
#232:2021年5月15日
#233:2021年6月5日
#234:2021年6月25日
#235:2021年10月5日(6期生受験戦記第20回)
#236:2021年10月25日
#237:2021年11月10日
#238:2021年11月25日
#239:2021年12月30日

<2020年>

#207:2020年1月29日
#208:2020年3月16日
#209:2020年6月1日(5期生受験戦記再開)
#210:2020年6月10日
#211:2020年6月20日
#212:2020年6月30日
#特別編:2020年7月1日
#213:2020年7月10日
#214:2020年7月20日
#215:2020年7月30日(5期生受験戦記最終回)
#216:2020年8月25日(6期生受験戦記第1回)
#217:2020年9月5日
#218:2020年9月15日

#219:2020年9月25日
#220:2020年10月5日
#221:2020年10月15日
#222:2020年10月25日
#223:2020年11月15日
#224:2020年11月25日
#225:2020年12月5日(6期生受験戦記第10回)

#226:2020年12月15日
#227:2020年12月25日


<2019年>#194~206

#特別編・前半:2019年2月18日
#特別編・後編:2019年2月25日


<2018年>#174~193
#特別編・前編:2018年10月22日
#特別編・後編:2018年10月29日

<2017年>#136~#173
  

<2016年>#93~#135

<2015年>#45~#92

<2014年>#1~#44
ページトップに戻る