アタマを磨き、ココロを拓く。

塾長のつぶやき #特別編・前編

こんにちは。塾長の大井です。
5期生の入試のさなか、このホームページを経営している会社が「私の独立・起業物語」というテーマでエピソードを募集していました。少しでも5期生の後押しになればと思って、私もTOP設立のエピソードを書いて応募しました。
結果としては1次審査を通っただけの拙文ですが、私には原点を振り返るいい機会となりました。
ご笑覧下されば幸いです。


『何度でもこの道を。』~前編~

幼いころ、誰もが何かに憧れる。
宇宙飛行士、サッカー選手、オリンピック出場。
それは心をかき立て、胸を焦がす。激しく燃え爆ぜる炎のように。
私もかつてそうだった。誰かに憧れ、何かを夢見る子どもだった。それでも今は、誰も目指していない。
もう誰かに憧れることもない。

「お前なら必ずいい先生になれる。」
始まりは友人の一言だった。
学生時代、進路に悩んでいた私に、塾講師をしていた友人がそう言った。
彼の口調は、助言というより、確信に近いものだった。
私はその言葉に背中を押され、半ば確認するような気持ちで大手進学塾に入社し、2ヵ月後には教壇に立っていた。
初めは全く思い通りにいかなかった。ルーキーのくせに、理想が高すぎたのだろう。
理想と現実の差に毎日悔し涙を流して帰った。
「俺に習う生徒が不幸だ。」
毎日そう思い、今日辞めよう明日辞めようと考えた。
ただ準備だけはやった。限界までやった。下手くそはどうにもならない、でも手抜きだけはしたくなかった。
今思うとそれは、誰かの人生に関わる教師としての、最初の矜持だったのかもしれない。
そんな無力だった私を、それでも生徒たちは慕ってくれた。
そして、合格の喜びを共にし、徐々にこの仕事も悪くはないなと思うようになった。
それでもやりがいは感じたが、生きがいとは呼べなかった。
それは人生の中の、通過点のような場所だと思っていた。

しかし、またある人の言葉が人生を動かす。
新人時代に上司だった人が、まだ若手だった私を最難関クラスの担当に抜擢した。
異例と言ってもいい人事だった。
私はその御三家クラスを、特別な生徒が集まり、特別な先生が特別な授業を行う、特別な場所だと思っていた。
(ふさわしくない。)
すぐにそう感じた私だったが、その上司の推挙の言葉を人伝てに聞いた。
「『大井を御三家クラス担当にしないのは、会社の損失だ!』そう言ってたよ。有無を言わさぬ形相だった。」
これを聞いて、腹は決まった。使命だと思った。
実際に御三家クラスに立ってみると、私の先入観は見事なまでに崩された。
御三家クラスの生徒たちは、どこにでもいる、普通にデコボコのある子どもたちだった。
甘えんぼもいたし、お調子者もいた。
ただ一つだけ他の子どもたちと違っている点があった。
それは合格に懸ける切実さだった。
私はそこに文字通り胸を打たれた。打ち震えるくらいに胸を打たれた。
そして中学受験が、彼らを導く師によって、劇的に変容するものだと知った。
そこから子どもたちは、私にとって生徒から家族に変わった。

(後編につづく)

2019年2月18日
大井雄之


【過去のつぶやき集】
<2019年> 
#194:2019年1月21日     #195:2019年1月31日

<2018年> 

#174:2018年1月8日        #175:2018年1月15日
#176:2018年1月22日      #177:2018年1月29日
#178:2018年2月12日      #179:2018年2月26日
#180:2018年3月12日      #181:2018年3月19日
#182:2018年4月9日        #183:2018年4月23日
#184:2018年5月7日        #185:2018年5月14日
#186:2018年5月28日      #187:2018年6月11日
#188:2018年6月25日      #189:2018年7月9日
#190:2018年8月27日     #191:2018年9月24日
#192:2018年10月8日     
#特別編・前編:2018年10月22日
#特別編・後編:2018年10月29日
#193:2018年12月3日

<2017年>
    
#136:2017年2月6日        
#137:2017年2月13日     
#138:2017年2月20日      
#139:2017年2月27日     
#140:2017年3月6日        #141:2017年3月13日
#142:2017年3月27日      #143:2017年4月10日
#144:2017年4月17日      #145:2017年4月24日
#146:2017年5月8日        #147:2017年5月15日
#148:2017年5月22日      #149:2017年6月5日
#150:2017年6月12日      #151:2017年6月19日
#152:2017年6月26日      #153:2017年7月3日
#154:2017年7月10日      #155:2017年7月17日
#156:2017年7月31日      #157:2017年8月7日

#158:2017年8月21日        #159:2017年8月28日
#160:2017年9月4日          #161:2017年9月11日
#162:2017年9月18日       #163:2017年10月2日
#164:2017年10月9日       #165:2017年10月16日
#166:2017年10月23日    #167:2017年10月30日
 
#168:2017年11月13日   #169:2017年11月20日
#170:2017年11月27日   #171:2017年12月11日
#172:2017年12月18日   #173:2017年12月25日
 

<2016年>#46~#93

<2015年>#45~#92

<2014年>#1~#44
ページトップに戻る